パテックフィリップ Lab

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPE それは二大企業のひとつ

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEはなんでこんなに評価が高い時計なのでしょうか。パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETと並び、二大企業と言われているのは有名な話しです。 そこには、果たしてどのような企業背景があるのでしょうか。

パテック・フィリップとオーデマピゲ・AUDEMARS PIGUET

パテック・フィリップと、オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETは二大企業と言われています。しかし、敢えて言えば評価は、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEがNO.1で、オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETがNO.2という見方が一般的です。 でも、NO.1NO.2というものの、あとはみなさんの好みの問題であり、NO.2のオーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETがいいという人たちもいるでしょう。 ここまで来れば、それぞれの会社に魅力が存在して、それを決めるのはその人それぞれ勝手な判断です。

価値観は決められないかも

その価値観はなかなか簡単には決めることができないかもしれません。だからこそ、みなさんは、もっとパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPE、オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETについて知り、比較することも必要ではないでしょうか。 果たしてパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEの強みはなんなのでしょうか。そして、オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETの強みはなんなのでしょうか。 パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEが、他の会社の追随を許さないというのも、その会社が行っている品質管理に過ぎないとも言えるでしょう。 1200時間検査を製品完成後に行っているのが、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEの企業ポリシーなのです。ジャガールクルトが1000時間検査であって、グランドセイコーが408時間検査というので、やはり、 一番厳しい検査体制をひいているのがパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEなのです。 たった一度、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEの初期不良が起こればすぐに「あの時計は駄目だ……」という評価が広まってしまうかもしれないですよね。そんな一度の初期不良を未然に防ごうとしているのがパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEの持つ企業精神とも言えます。

オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETの強み

もちろん、オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETにもオーデマピゲの強みがあります。オーデマピゲ・AUDEMARS PIGUETの強みは、飽くなき技術への挑戦する姿勢であり、特に新しい腕時計の文化を作って来たのです。 その文化こそ別々の形ですがパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEと相乗的に育って行った文化です。